経費を精算するときに必要な領収証。しかし路線バスを利用したときに領収証は発行してもらえるのでしょうか?路線バスもICカードでの乗車が主流ですが、対応していないバス路線や現金または回数カードなどを使用し、路線バスに乗る機会もあるのではないでしょうか。

今回は、路線バスの利用で現金や回数券を使った場合、領収書は必要なのか、また経費精算時に記載が必要な項目について解説していきます。

路線バスの経費精算に領収書は必要?

窓口や自動発券機で切符を購入できる新幹線や高速バスの場合は「領収書発行のボタンを押す」または「窓口担当のスタッフに伝える」といった方法で領収書の発行ができます。しかし、路線バスで領収書を発行する方法はよく知らないという人がほとんどではないでしょうか。

一般的に、路線バスや電車など、利用証明が難しい旅費交通費の経費精算に関しては、領収書は不要と旅費規定に定めている企業がほとんどです。

現行の消費税法では、企業で経費として支払ったものは、帳簿に内容を記載し、領収書のように証明できる書類を保管することが義務付けられていますが、「支払額が3万円未満の場合」「3万円以上でも、領収書の入手が困難で、その理由が帳簿に記載されている場合」等は例外とされています。

仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存|国税庁

この消費税法に基づくと、路線バスの領収書は基本的に不要となります。ただし、各企業の規程で領収書の取得が決められている場合もあるので、「路線バスの領収書を取り直す」といった手間がかからないよう、自分の会社の旅費規定は事前に確認しましょう。

それでは、ご自身の会社では交通費の領収書が必要と定められていた場合、路線バスの領収証はどのように取得するのかを確認していきましょう。

路線バスの領収書を受け取る方法

バス会社にもよりますが、車内や営業所で発行してもらうことが可能です。ただし、車内での発行には十分注意が必要です。混雑や遅れ、また事故につながりかねないため社内マナーを考慮してお願いするようにしましょう。領収証が必要な場合は、発車前の始点や終点で乗客が全員降車した後、運転士にお願いするのがおすすめです。また後日、バスの営業所で申請し、発行してもらうことも可能です。

領収書がない場合の精算方法

まず、ご自身の会社の経費精算フォーマットを確認しましょう。一般的に交通費は「日付」「利用した交通機関名・経路」「金額」などを記入して所属部署に提出し、承認を得てから経理担当者の方で経費精算処理をします。しかし、各企業によって旅費交通費精算書のフォーマットや必要項目は異なるので、記載項目に何があるのかは交通機関を利用する前に確認しておくようにしましょう。

領収書がない場合はその場で料金や停留所名をメモしておく

路線バス利用に領収書が不要な場合でも、利用したその場で料金や停留所名をどこかにメモしておくようにしましょう。後日、インターネットで検索することもできますが、何度検索してもバス停が出てこない、なんてことになったら大変です。また、移動経路が多ければ多いほど、経費精算には手間と時間がかかってしまいます。後々の手間を省くためにはメモをとっておくといいでしょう。あるいは、ICカードの利用もおすすめです。

ICカード履歴を賢く利用しよう!

経費精算には、移動経路や運賃を念入りに確認する必要があるので、利用者本人はもちろん、経理担当者にも負担がかかるものです。そこで交通費の支払いにはICカード利用がおすすめ。ICカードの利用履歴から路線や経路、運賃が簡単に確認できるからです。区間や運賃などの検索の手間が大幅に省けて経費精算はスムーズになります。また「ICカード履歴」「乗り換え案内」などと連携している経費精算システムを使えば、より業務負担の軽減が期待できます。
ICカード履歴の活用については、こちらのコラムもお読みください。

交通費精算がラクになる!ICカード履歴(Suica・PASMO)活用法|経費精算.com

路線バスなど領収書のない交通費精算の手間は「eKeihi」で解決!

領収書のない交通費精算は「eKeihi」で解決!

「eKeihi」なら交通費ICカードをピッとかざすだけで面倒な交通費精算や出張精算ができます。ICカードの登録制限、交通履歴のみの表示、二重取込防止、定期区間控除など、精算書作成の手間を大幅に削減できるだけでなく、承認・経理担当者の業務も大幅に削減可能です。
ICカード読込|経費精算システム「eKeihi」

初期費用は無料・月額1人あたり580円から

「eKeihi」は、初期費用と月額使用料の設定が大変お得です。
インストールなどの難しい作業が必要ない「クラウドサービス」の基本サービスパックなら、初期費用は無料です。
また、50ライセンス(50人分)で月額29,000円(1人あたり580円)から利用できます。
価格|経費精算システム「eKeihi」

初期の導入サポートと継続サポート体制も充実

充実したサポート体制も魅力です。システム導入に関するご相談は、お問合せ履歴の参照などができるお客様専用画面からのお問合せのほか、お電話、メール、FAXをご用意した窓口にて、回数制限なく丁寧に承ります。そのほかに、対面での導入支援もあるので、スマホアプリに慣れない方へのサポートも万全です。

よくあるご質問「導入」について|経費精算システム「eKeihi」

 

経費精算システムはイージーソフトの「eKeihi」

豊富な導入実績

経理の知識がなくても、簡単に経費精算できる「eKeihi」は、一般の大手企業だけでなく、金融機関、学校、各種団体、特殊法人など、2,600社60万ユーザーを超える導入実績があります。

安心安全なセキュリティ・改ざんも未然に防ぐ

「eKeihi」は、低コストで気軽に導入できる「クラウドサービス」と、お客様管理のサーバにインストールする「オンプレミス」をご用意しています。
このうち「クラウドサービス」では、世界トップレベルのセキュリティを誇る、「Microsoft Azure」を採用。通信の暗号化やバックアップ体制ももちろん万全。安心してご利用いただけます。
また、インターネットへのアクセスが禁止された環境でのご利用時には、「オンプレミス」を選択できることもポイントです。

機能面では、一度精算書を提出すると、金額などの重要項目を完全にロックして改ざんなどを防ぎ、データを確実に保全します。電子帳簿保存法にも完全準拠しているので、領収書の電子化も安全・確実に行うことができます。

オプション豊富で拡張性も高い

さらに設定の変更のみで、お客様のご希望どおりの要件を実現できる「拡張性の高さ」も人気です。
簿記や経費精算の知識があるスタッフによるサポートも手厚く、導入時の「わからない」も速やかに解決します。

「eKeihi」のお問合せはイージーソフトまで、お気軽にご相談ください!