遠方への出張。見知らぬ町で移動に疲れ、思わずタクシーを利用した経験はありませんか。あるいはタクシーをつかまえる前に、ふと「タクシー代は経費として精算できるのだろうか?」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。今回のコラムでは、出張時のタクシー代は経費として精算できるのか、その場合の勘定科目は何になるのかを解説します。

タクシーの利用は制限されている?

一般的な会社員の方の業務上の移動には、タクシーではなく公共交通機関の利用が推奨されていることが多いでしょう。タクシーは公共交通機関に比べて高額で、経費削減の考えに反するからです。しかし、出張ともなると公共交通機関の乗り継ぎだけでは訪問先にたどり着けないこともしばしば。また、突然の雨や時間短縮のために、タクシーに乗らざるを得ないこともあるでしょう。

そういったやむを得ない事情で乗った場合、タクシー代の経費精算は可能なのでしょうか。会社の旅費交通費規定によっては「業務上の移動は基本的に、公共交通機関のみを使うこと」と決められている場合もありまが、現実的に公共交通機関のみの移動では難しいこともあるので、タクシーの利用を「上長の承認があった場合」や「出張時のみ」といったように一部利用を許可し、対応しているケースもあります。

出張や、どうしてもタクシーを利用しなければいけない場合は、会社の旅費交通費規程がどのように定められているのか、事前にしっかりと確認してタクシー代の領収書の経費精算を行いましょう。

次にタクシー利用時の経費精算はどの勘定科目を使用するのでしょうか。勘定科目が「旅費交通費」なのか「交際費」なのか、事例を元に見ていきましょう。

タクシー代の経費精算科目は「旅費交通費」?「交際費」?

業務中の移動は、一般的に「旅費交通費」として計上します。旅費交通費には、出張先での交通費、宿泊費などを含めた出張費や、バスや電車、タクシーなどの運賃、通勤交通費など、さまざまなものを含みます。それでは、以下のような場合は経費として計上できるのでしょうか。

旅費交通費の場合

  • 訪問先に向かうのに、公共交通機関だけではたどり着けないので、タクシーを利用した
  • 取引先の接待で担当者を迎えに行くとき、社内のスタッフのみでタクシーを利用した
  • 残業で終電を逃してタクシーを利用した

上記の事例はすべて「旅費交通費」として計上できます。クライアントを訪問するなど、主に業務上の移動であれば、どのような理由であっても旅費交通費になります。また、取引先担当者を迎えに行くのに社内スタッフのみで移動したり、逆に接待を受ける場合にタクシーを使ったりした場合も、勘定科目は旅費交通費になります。

交際費の場合

  • 取引先を接待するために、取引先の担当者と一緒にタクシーを利用した
  • 取引先を会社から接待の会場まで送迎するためにタクシーを手配した
  • 取引先の接待が終わり、会場から自宅まで取引先と同乗してタクシーを利用した

これらはすべて「交際費」となります。ポイントは、タクシーに取引先が乗っているかどうかです。
このように同じタクシー代でも、勘定科目はケースにより違うということを認識しておきましょう。

出張時のタクシー代の経費精算は「eKeihi」にお任せ!

出張申請・精算は「eKeihi」にお任せ!

「eKeihi」は遠方出張時の申請・精算にも対応。遠方出張時の事前申請や帰社後の事後精算もスマートです。出張者の役職や移動距離、時間などを考慮した日当や宿泊費も自動計算します。
出張者の手間はもちろん、承認・経理担当者の手間も大幅に削減可能です!

出張申請・出張精算|経費精算システムeKeihi

初期費用は無料・月額1人あたり580円から

「eKeihi」は、初期費用と月額使用料の設定が大変お得です。
インストールなどの難しい作業が必要ない「クラウドサービス」の基本サービスパックなら、初期費用は無料です。
また、50ライセンス(50人分)で月額29,000円(1人あたり580円)から利用できます。
価格|経費精算システム「eKeihi」

初期の導入サポートと継続サポート体制も充実

充実したサポート体制も魅力です。システム導入に関するご相談は、お問合せ履歴の参照などができるお客様専用画面からのお問合せのほか、お電話、メール、FAXをご用意した窓口にて、回数制限なく丁寧に承ります。そのほかに、対面での導入支援もあるので、スマホアプリに慣れない方へのサポートも万全です。

よくあるご質問「導入」について|経費精算システム「eKeihi」

経費精算システムはイージーソフトの「eKeihi」

豊富な導入実績

経理の知識がなくても、簡単に経費精算できる「eKeihi」は、一般の大手企業だけでなく、金融機関、学校、各種団体、特殊法人など、2,600社60万ユーザーを超える導入実績があります。

安心安全なセキュリティ・改ざんも未然に防ぐ

「eKeihi」は、低コストで気軽に導入できる「クラウドサービス」と、お客様管理のサーバにインストールする「オンプレミス」をご用意しています。
このうち「クラウドサービス」では、世界トップレベルのセキュリティを誇る、「Microsoft Azure」を採用。通信の暗号化やバックアップ体制ももちろん万全。安心してご利用いただけます。
また、インターネットへのアクセスが禁止された環境でのご利用時には、「オンプレミス」を選択できることもポイントです。
機能面では、一度精算書を提出すると、金額などの重要項目を完全にロックして改ざんなどを防ぎ、データを確実に保全します。電子帳簿保存法にも完全準拠しているので、領収書の電子化も安全・確実に行うことができます。

オプション豊富で拡張性も高い

さらに設定の変更のみで、お客様のご希望どおりの要件を実現できる「拡張性の高さ」も人気です。
簿記や経費精算の知識があるスタッフによるサポートも手厚く、導入時の「わからない」も速やかに解決します。

「eKeihi」のお問合せはイージーソフトまで、お気軽にご相談ください!